あさひのケアマネ ブログ

ケアマネ試験合格の道へ

【どっちも正しい】ケアマネ試験:高齢者に多い症状や疾患

ケアマネのあさひです。今日のコラム「どっちも正しい」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

問題:

高齢者に多い症状や疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1.フレイルとは、高齢になって筋力や活動が低下している状態を指す。

2.機能性尿失禁とは、くしゃみ、咳などによって尿がもれることである。

3.急性緑内障発作では、頭痛、嘔吐がみられることがある。

4.慢性腎不全では、全身倦怠感、動悸、頭痛、浮腫などの症状がみられることがある。

5.加齢によるインスリンの増加が、糖尿病の原因である。

 

答え:1・3・4 

解説:

1…正しい。

フレイルとは、高齢者の虚弱状態を指した言葉です。

 

要介護状態に陥る前には

虚弱状態になっていることが多いので、

この段階で予防のためのアプローチをかけられるように

虚弱高齢者を把握しようという考え方から生まれたものです。

 

診断は

1:体重減少、2:歩行速度低下、3:握力低下、

4:疲れやすい、5:身体活動レベル低下

これら5つのうち、

3つが当てはまるとフレイルとみなされます。
設問にある高齢になって筋力や活動低下もフレイルにあたります。

 

2…誤り。

設問の尿失禁は機能性尿失禁ではなく

腹圧性尿失禁になります。

 

機能性尿失禁というのは、

排泄機能には支障がないけれど

他の機能に支障があって起きる尿失禁のことです。

 

たとえば認知機能に問題があって

 

トイレの場所が分からずに尿失禁を起こす。

麻痺があってズボンが上手く脱げず尿失禁を起こす。

歩行に時間がかかり

トイレまで間に合わず尿失禁を起こす。

 

こういった失禁を機能性尿失禁といいます。

3…正しい。

緑内障は、日本の中途失明原因1位の疾患です。

これは一般的には眼圧が上昇することによって、

視神経が圧迫され視界が歪んだり、

黒い点のようなもの(中心暗点)が

視界に映ったりといった症状が出現します。

 

急性緑内障というのは、

急激に眼圧が上昇して発症する緑内障です。

頭痛や吐き気、眼痛、充血といった

激しい症状が見られるのが一般的です。


4…正しい。

腎機能が低下すると、

排尿で適切に老廃物を排出できなくなるため、

カラダに様々な悪性症状が出現します。

 

疲労感、食欲不振や吐き気、

動悸息切れ、頭痛などが現れ、

進行すると痙攣、意識障害を起こします。

 

また、体のイオンバランスが

崩れることによって吐き気、だるさ、

呼吸が速くなる、呼吸困難といった症状が

現れることもあります。

 

水分を尿として適切に排泄できないため、

カラダに余計な水分が溜まり、

浮腫を引き起こします。

 


5…誤り。

糖尿病は、インスリンの増加ではなく

血糖値を下げるホルモンである

インスリンがすい臓から出にくくなることや、

肥満が原因でインスリンが効きにくくなることにより、

 

血液中の糖が多い高血糖の状態が続き、

知らぬ間に全身の血管が傷ついていく病気です。

 

糖尿病は大きく分けると2種類あります。

1型糖尿病2型糖尿病です。

成人期に発症する、いわゆる生活習慣病としての

糖尿病は2型糖尿病になります。

 

1型糖尿病は、

膵臓インスリンを出す細胞(β細胞)が、

壊されてしまう病気です。

 

2型糖尿病が発症する理由は、

インスリンの作用不足です。

 

この作用が不足すると、

血液中に余分な糖が溜まってしまい、

 

高血糖状態となり、

様々な悪性症状を引き起こします。

これが2型糖尿病の典型です。

 

なお、糖尿病には三大合併症といわれるものがあります。

1:糖尿病性網膜症、2:糖尿病性腎症、3:糖尿病性神経障害、

これら3つです。

 

 

*********************

今日のコラム⭐︎

アニメのドラえもんの名言です。

 

「どっちも自分が正しいと思ってるよ。

戦争なんてそんなもんだよ」

 

という言葉を知っていますか。

 

最近、この言葉と出会いました。

以前にドラえもんの映画で

見た事があるかもしれませんが

 

その当時は何を言っているのか

わからなかったでしょう。

 

元々、私は

 

「争いはどちらかが悪い」

「悪い方はどちらだ?!」

 

という浅い考え方でした。

 

ドラえもんはどっちも正しいと言っています。




どんなに、嫌味を言われたり、

人を傷つけようとしていると感じても

 

相手は、正しいと思ってやっていることだと。



実は、最近仕事で

 

利用者さんのためと

思ってやっていたことに

 

実は傷つけていることに

気がつきました。

 

やはり、

 

どんなときも

相手を追い詰め過ぎないことが大事です。

 

こちらから見て

間違ったことをしていると

思う人がいたとしても、

 

その人は

悪いことをしているわけではないと思います。

 

「なぜそのようなことをしたのか?と

言っているのか?」

 

という理由をきちんと

聞きながら話すことが

できるようになりたいですね。

 

誰かを悪者にすることなく、

相手の事情も

考えられるようにと思います。

 

それが相談援助で大事な事ですね。

 

利用者さんや、職場の仲間の

コミュニケーションの中でも

 

このような事がありそうですね。

 

このドラえもんのように

考えてみるのも

世界が変わりそうです。

 

あさひ

\\ラインからも試験相談受け付けます!// 試験勉強のご相談や質問等 トークルームから気軽に話しかけてください!

https://lin.ee/xTPdzvD